ウーマン

本気で小顔を目指すなら:ボトックス注射を試そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

小顔にする方法

ドクター

ボトックスはエラを縮小させ、小顔に見せるプチ整形のひとつです。咬筋の働きを弱める作用があり、繰り返して施術を受ければ効果を長続きさせられます。施術を受けるなら熟練した医師のいるクリニックを選びましょう。

詳細へ

汗の悩みを解決する

男性医師

これといった理由もないのに大量の汗をかいてしまう人がたまにいます。誰も汗をかいてないのに1人だけ汗をかいているというのは恥ずかしいことですし、臭いも気になります。しかし、適切な治療を受ければ症状を改善することができます。近年注目されている治療方法は、美容外科でボトックス注射を打つという方法です。

詳細へ

顔の輪郭を整える

鏡を持つ女性

咬筋を細くする注射

整形外科で小顔にするには、いろいろな方法があります。頬骨や顎の骨が張っていて、顔の輪郭そのものが大きい場合には、骨を削る手術を行ないます。また頬や顎に脂肪がついていて、顔が膨らんで見える場合には、脂肪吸引やBNLS注射が効果的です。そして頬の筋肉が発達し、エラが張っている方に向いているのがボトックス注射です。このように小顔術といっても、原因によって対策は異なります。自分に合った方法を選べば、無駄な費用をかけずに小顔になれるというメリットがあります。ものを噛むときには、顎の両脇の咬筋という筋肉を使います。この筋肉が過剰に発達していると、輪郭が横方向に張り出して見えます。ボトックス注射は、咬筋の収縮力を一時的に弱める作用があります。ほかの筋肉と同様に、咬筋も使えば使うほど肥大し、使わなければ痩せていきます。ボトックスで動きを抑えられれば、咬筋は次第に衰えて細くなり、張り出しが目立たなくなります。この効果は注射してすぐに現れるわけではなく、1か月ほどの時間が必要です。

痛みや内出血が少ない

手術が必要な小顔術と違って、ボトックスは注射だけという手軽さが人気の理由になっています。痛みや内出血が皆無ではありませんが、手術に比べると遥かに少ないのが特徴です。また多少の時間はかかりますが、ほとんどの場合は1〜3回の注射で効果が実感できると言われています。仕事が忙しくて暇が取れない方にも向いている施術といえます。ボトックス注射は顔面痙攣の治療などに多くの実績があり、安全性は確認されています。ただし筋肉を衰えさせるという特徴があるので、高齢の方は顔のたるみの原因になることがあります。20代〜30代で、筋肉の回復力が高い方には、ボトックスの小顔効果が十分に感じられるでしょう。なおボトックスは注射量や体質によって、効き具合が大きく変わってきます。最初から大量に注射すると、効きすぎて表情が作れなくなったりすることがあります。はじめのうちは注射量を抑え、様子を見ながら増やしていくほうが安全です。そういった点にも気を配ってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

身体へのダメージを少なく

頬に手を当てるレディー

美容整形の施術は、現在種類が豊富です。ボトックス注射は、ボツリヌス菌を注入することで、筋肉を弱くして小顔にする効果があります。身体への負担が少ないボトックス注射ですが、繰り返し行うことで持続性を高めることが可能です。副作用など、事前に担当医に確認すると安全に受けることが出来ます。

詳細へ

メスを入れないプチ整形

両手を上げる女性

ボトックスは、小顔効果だけでなく脚痩せやわきがの治療など、幅広く行われています。メスを入れないという点では安全に行う事が出来るので気軽に始める方が増えています。行う際は注意点を確認し、継続していくように心がけて下さい。

詳細へ

しわをなくすには

鏡を見る婦人

しわをなくすには、ボトックス注射が適しています。ボトックス注射を打つと、表情筋に働きかけ、表情癖によって刻み込まれる表情じわを解消することができます。注射をしてくれる美容皮膚科を選ぶときは、口コミを参考にするなど、注意が必要です。

詳細へ