女性

本気で小顔を目指すなら:ボトックス注射を試そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

汗の悩みを解決する

男性医師

治療で発汗を抑制できます

体温が一定以上に高くなると、人体を構成しているタンパク質が変性してしまいます。茹だって固まった状態をイメージしていただければよいですが、そのような状態に陥ってしまうと、生命を維持し続けることが難しくなってしまいます。そのため、人間の体には体温を一定以上に上げないようにするための機能が生まれつき備わっています。その重要な役割を担っているのが汗です。体表に滲み出た汗は、蒸発する際に体温を奪っていきます。そのおかげで体温の上がり過ぎを避けることができているわけですが、暑くなくても大量の汗をかいてしまう人がたまにいます。そのような症状を多汗症と呼びますが、日常生活を送る上で不都合を感じるシーンが多くなるため、悩んでしまう人が少なくありません。しかし、医療機関を受診すれば、発汗を抑制する治療を受けることができます。発汗抑制治療を行っているのは、神経科や皮膚科、美容外科などです。美容外科の治療は保険が利きませんが、患者の心情等も考慮された丁寧な治療が行われているため、大勢の人が美容外科を受診しています。

人気の治療方法

一口に多汗症治療と言っても、具体的な治療方法はクリニックごとに異なっています。発汗量が多い部位の汗腺を除去してしまう方法や、自律神経に作用する内服薬を投与する方法などがありますが、最近人気を集めているのはボトックス注射を用いる方法です。治療効果に即効性がある上に、患者の体がほとんどダメージを受けないというメリットがあるため、多くの美容外科クリニックがボトックス注射を積極的に利用しています。ボトックス注射には、脳から発せられた信号の伝達を阻害する作用があります。こんなことを意識している人はまずいませんが、汗をかく時は、汗腺の周りにある筋肉を収縮させろという命令が脳から発せられています。通常は、その命令を受け取った筋肉が収縮して汗腺から汗が分泌されますが、ボトックス注射を打つと、その命令が正しく伝わらなくなります。脳がいくら命令を発しても、その命令が汗腺に届かなくなりますので、発汗がピタリと止まります。発汗抑制効果に永続性はありませんが、注射を打つだけという手軽な方法で発汗を止めることができるため、とても多くの人がボトックス注射を利用しています。